人気の狭小住宅の秘密

狭小住宅の情報が満載!

狭小住宅を賃貸併用住宅にして投資するメリット

狭小住宅を賃貸併用住宅にして投資するメリット 不動産の価格は好不況のバロメーターですが、都市部の利便性が高い立地なら土地の価値が変動することはあっても無価値になることはまず考えにくいです。
まして狭小住宅を建てるような地価が高いエリアでは、賃貸需要も旺盛なので空室リスクを過度に心配しないで投資することができます。
狭小住宅を賃貸併用住宅にするメリットは、自己使用がしやすいことも理由の一つです。
一戸当たりの延べ床面積が比較的小さい場合は、自分の通勤や家族の通学などの利便性がある間は住宅として使用、将来的にもっと広い田舎に居を移したい場合には賃貸に転用することで、使いたい間は自分で利用し、将来は低いコストで賃貸住宅を手に入れることができます。
賃貸経営の最大のリスクは空室ですが、コンパクトな間取りと使いやすい立地の狭小な家は、いざというときに自己使用がしやすく、空室を自ら埋めることで自分が第三者に支払うべき家賃を節約することができるので、めぐりめぐって自分の収入に転じることができます。

狭小住宅賃貸併用住宅投資のデメリットとリスクについて

狭小住宅賃貸併用住宅投資のデメリットとリスクについて 狭小住宅は、割安で購入できる狭小な土地を購入して、安い価格で住宅を建てることができます。
自分も住みながら余ったスペースを他人に貸すのが賃貸併用住宅と言います。
賃貸スペースを投資用物件にすることができます。
狭小住宅の一部を投資物件とする場合のデメリットとして、賃借人が安定しない可能性があることです。
狭小住宅は日本でも多いとは言えず、狭小な住居スペースに家具などを設置すると普通の大きさの住宅に住みなれた人は、違和感を持ってしまうことがあります。
その場合に、賃借人が転居してしまう可能性があります。
また、狭小住宅を賃借する人は、一般的な広さの物件と比べて学生や外国人などが少なくない傾向があるので、賃借人が短期間で転居してしまう可能性がやはり高くなってしまいます。
つまり、賃貸物件の空きが出やすく、安定して賃料を確保することが難しいと言うリスクがあります。
この様な、リスクを回避するために、賃貸人は、賃借人が快適に住んで貰うため、様々な工夫が必要だと言えるかもしれません。

新着情報

◎2019/3/18

売却する際の価格について
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

節約するなら狭小住宅の賃貸
の情報を更新しました。

◎2018/12/7

賃貸併用住宅の収益性
の情報を更新しました。

◎2018/9/6

賃貸併用住宅にして家賃収入
の情報を更新しました。

◎2018/8/10

サイト公開しました

「住宅 投資」
に関連するツイート
Twitter

居住支援協議会 住宅確保要配慮者の民間賃貸住宅への円滑な入居など、住宅セーフティネットの構築や運営に関して協議する組織。地方公共団体、宅地建物取引業者や賃貸住宅管理業者の団体、居住に係る支援を行なうNPOなどによって構成され #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 20:46

工場の設備投資かー。うちの場合、一番必要な設備投資は、工場建屋だからなあ・・・古すぎて改装にも限界がある。しかも土地区分が住宅地域へ変更のため、建て直しは不可能の可能性が結構あって、其の場合土地から・・・(一番金かかる)

Twitterなかのだ@アイドール委託予定@nakanoda

返信 リツイート 20:24

これまでは長期の不況で金利が低く抑えられてきたが、企業の設備投資が停滞しているときに長期金利が上昇してしまうとどうなるだろうか。 貸し出し金利は上昇し、企業は銀行から資金を借りにくくなるし、さらに住宅ローンの金利なども上がるため、景気はいっそう悪化してしまう…

不動産開発投資に関連して、住宅価格の上昇率(3月は11.3%)は、都市一人当たり可処分所得増加率(1月~3月は7.9%)を上回り、既に政府が警戒ラインとする水準を超えているが、あまり強力な引き締め策は導入されていない(DIR斎藤)

>「私も含めてオーナーの中には、アパートを『住宅』ではなく、もはや『金融商品』に近い感覚で見ている人がいると思います。投資をする人からすると、株を購入しようと思っても、銀行はお金を貸してくれませんが、アパートを建てるとなれば、簡単に貸してくれる。これは非常に魅力的な金融商品です」

返信先:@O1P7uaFooqkNfDf そのとおりですね。金利が上がってしまうとそれ以上の収益率が得られる事業にしか企業が手を出さなくなって投資縮小です。個人の消費も同じことでローンで買う住宅やクルマの購入を手控えるようになりますね。そういうことに頭が回らん連中が多くて多くて・・・・。

Twitter凡人オヤマダ@aindanet

返信 リツイート 19:31

お金の余裕スパイラル お金で時間を買って、生活に余裕を生み出す 生み出した余裕で、住宅・旅行・勉強など、お金のかかる活動の効率を高める 更に生まれた余裕で再投資を行う

特に、現物不動産投資は、通常、住宅ローンを組んで、物件を購入します。

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 18:44

【ホワイトハウス】 ベン・カーソン長官「オポチュニティーゾーンの範囲は減税・雇用法で定められた地域全体で該当するすべての都市全体、全ての通り、通りに接する地域全体であり以上の地域を投資促進・経済活性化で快適な労働者の住宅街に変革するべきです」 公式:youtube.com/watch?v=IX4S8V…

Twitterたまや@単冠湾提督@daisuke0923pax

返信 リツイート 18:30

▶もしも「金利」が高かったら…借金「返済」の際に、その高い金利の分だけ「負担が増える」ので、企業の投資案件は、より「利益」が必要なモノに絞られるし…個人でも(住宅、車などの)ローン負担が増えて買い控えに拍車がかかるハズ…

Copyrignt(c) 2018 人気の狭小住宅の秘密 All Rights Reserved.